Blue-Screeeeeeen.net-youichi7imazekiのDTPメモ-

トップページ » アニメ・ゲーム » 【アニメ・ゲーム】第2次スーパーロボット大戦Z再世編

【アニメ・ゲーム】第2次スーパーロボット大戦Z再世編

公開日:2012年4月17日 最終更新日:2013年3月10日

リアルロボットパラダイス

 というくらい、ガンダムやボトムズ等のリアルロボットが強いです。他のスパロボでも俺はあまりスーパー系(マジンガーやゲッターロボ)を使いません。使うのは最終的な強化がされてから、という場合が多いです。しかし、しかしですよ!今回は最終ステージで出撃したスーパー系が出撃枠30機中2機!(普段のスパロボなら24機中6機は出撃しています。)
 ウイングゼロ+ヒイロ、ダブルオーライザー+刹那、紅蓮聖天八極式+カレン、ランスロット・アルビオン+スザク、蜃気楼+ルルーシュ(ゼロ)で大半の敵は撃破できます。これにフリーダム、ジャスティス、デスティニーが加われば「ヒャッホーイ!」な強さです。スーパー系が使いやすいとの声もありますが、エネルギー効率・攻撃力・移動を考えると、今回はリアル系が圧倒的に強いように感じます。(俺のチーム編成は偏り気味なので参考にはならないけど…)

ストーリー

 スケールがでかいです。平行世界同士がくっついた「多元世界」が舞台なのですが、今回は前作の舞台と本作の舞台が限定的ですが、空間を超えて繋がります。続編への伏線でしょうか。
 あと、Zシリーズでは主人公の他に「裏主人公」的な版権キャラがいるように思います。第1次Zでは、シン(機動戦士ガンダムSEED DESTINY)とレントン(交響詩篇エウレカセブン)で、第2次破界編では刹那(機動戦士ガンダムOO)とシモン(天元突破グレンラガン)。そして再世編では、刹那(機動戦士ガンダムOO)、ヒイロ(新機動戦記ガンダムW)、ルルーシュ(コードギアス)でしょうか。
 特にコードギアスは、スパロボで「真・完結編」をやった。と言いたいくらいです。原作アニメだと最後にルルーシュは…な展開になりますが、スパロボではおおむねハッピーエンドです。やったね。ゼロレクイエムを阻止できるルートもあるそうで。やってみました。  あとオリジナルでの敵キャラが、登場当初は「何だこいつ」と言いたくなるくらい嫌な感じだったのに、終盤での心境の変化により、かっこよく、また葛藤を感じさせる魅力的なキャラになっていきます(ユーサー皇子、宰相アンブローン、ウェイン、ガイオウ、カルロス等)。変態揃いだった第1次Zとは大きく異なった人物像です(こっちはこっちで良いです)。

続編の妄想

 まだ原作のストーリーを全消化していない作品もいくつかあります。わかる範囲では、グレンラガンと、ガンダムW EndlessWaltz、00劇場版です。
下記画像のようなシーンもありました。


 E・A・レイとは、00劇場版のラストに登場する人物で、イオリア・シュヘンベルグの友人です。これがヴェーダのコードになっているということは…
こりゃ第3次Zありますよ〜。

 続編にこんなエピソードがあったらイイなと思っています。
①第三の多元世界では、アクエリオンEVOL、エウレカAO、フルメタのキャラなどが暮らしている。主人公もこの世界の住人。
②物語序盤で第1次Z、第2次Zの多元世界とつながってしまう。(例えばアクエリオンEVOL16話の超時空無限拳とかで)
③第2次Z世界でELS襲来→ダブルオークアンタで止める(原作だと刹那は50年後に地球へ帰ってきます。)→帰還途中に時空振動に巻き込まれ、第三の多元世界へ転移する(ここが第3次Z舞台の一つ)→クアンタは転移の影響で武器は一部しか使えない(トランザムも使えない)→②のエピソード後に自分の世界に戻れるが、時間はELS襲来から1ヶ月ほどしか経っていない。(刹那は50年かかったと感じている)
④アンチスパイラルが、第1次Zの世界と、②によりつながった第3次の世界にもやってくる。
⑤グレンラガンはスケールが大きい話なので、④に関わり3つの平行世界でもどうにかやれるはず
⑥ウィスパード≒黒の英知に触れた者
⑦沙慈とリヴァルが、00劇場版冒頭の劇中劇を観に行っている(原作では職場の同僚)
⑧主人公はかに座のスフィア持ち。機体は高速剣撃戦闘タイプ。
 う〜ん。他に思い浮かばない…。俺がもっとロボットに詳しければ良かったのに…


関連している他の記事

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別の記事

  • おことわり

     Adobe、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国および他の国における商標または登録商標です。本サイトでは、RおよびTMを省略しております。