Blue-Screeeeeeen.net-youichi7imazekiのDTPメモ-

トップページ編集

ダミー文字は「違和感」が大事

公開日:2016年11月4日 最終更新日:2017年2月7日

 文章が決まっていないときに、該当箇所に入っていることを想定してダミー文字を入れます。

 最終的には本来の文章に差し替えるため、「違和感」が大事です。よって「空白のほうが」とは言い切れない面もありますが、自分の仕事の範囲では「仕上がりイメージの確認以外なら、ダミーは入れずに空白にするのが安全なんじゃないか?」と思うようになりました。

この記事の続きを読む

【編集】「マウスでドラッグする」?「ドラッグする」?

公開日:2016年6月1日 最終更新日:2016年6月2日

 PCアプリケーションの書籍を作っていると、ほぼ間違いなくデバイス操作の表記が必要になります。その中で結構気になるのがタイトルにあるような表現です。

この記事の続きを読む

【編集】キャプションでのURL表記

公開日:2015年11月30日 最終更新日:2015年12月1日

 書籍や雑誌で使う図版には、文章への理解を助けるためにキャプションを入れますが、発行する形式に応じて、それぞれ適した入れ方があるように思います。

 例えば、図版に対し「URLのみ」記載されている場合、電子書籍で閲覧するぶんには、そのURLをタップすることで該当Webサイトに飛べる、またはコピー&ペーストでURL入力するのが楽なため、その本を理解する上で大きな助けになるでしょう。

この記事の続きを読む

【編集】修正指示を入れるときに気をつけていること3つ

公開日:2015年6月18日 最終更新日:2015年6月22日

 たかが朱字されど朱字。修正指示の入れ方ひとつで、修正作業のスムーズさがぐっと違うはずです。(…あと作業者のモチベーションも)

 ここでは、主に文字修正に関する修正指示を入れる際、気をつけていることをあげていきます。

この記事の続きを読む

タグ: |  | 

【編集】図表にアクセスするときの表記

公開日:2015年1月30日 最終更新日:2015年10月23日

 アプリケーションの解説書だけでなく、「図示して内容を補完する」というのは、どの書籍、媒体でも行われることです。その際、本文中でどう図に視線を導くことができるか、修正やレイアウトの変更、他メディアでの使用の点から、表記について考えます。私としては、「修正する箇所がより明確になる」「レイアウトの変更に対して確認する箇所が少なくできる」「レイアウトに依存せず図に視線を導ける」の3点から、(ステップ数は「1.方向で示す」と変わらないですが)「2.番号で示す」の図n-nを推します。

コンテンツの雰囲気や編集方針でケースバイケースですが、表記の参考になれば。

この記事の続きを読む

タグ: | 

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別の記事

  • 書籍など

    おことわり

     Adobe、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国および他の国における商標または登録商標です。本サイトでは、RおよびTMを省略しております。