Illustrator | Blue-Screeeeeeen.net―youichi7imazekiのDTPメモ―

トップページIllustrator

【Illustrator】emfはai等に変えないとInDesignに貼れない

公開日:2017年11月9日 

 支給される画像が、たまに全て.emfのときがあって、それを一つずつアクションで保存し直すのが面倒なのでスクリプト書きました。

 類似例に.wmfがありますが、こちらはIllustratorで開くとド派手に見た目が崩れることがあるので、直接PDFにしてしまう方が安全です。

この記事の続きを読む

タグ:

【Illustrator】選択しているオブジェクトをラスタライズするスクリプト

公開日:2017年7月21日 最終更新日:2017年7月22日

 過剰な解像度の画像が埋め込みにされている場合、それを適正解像度に戻すのに役に立ちました(リンクに戻して修正すればいいじゃないとも思いましたが結構数が多かったのでラスタライズで対処)。

 rasterizeメソッド、「ラスタライズ範囲の設定値は省略可能」みたいなことがオブジェクトモデルビューアに書いてあったのに、いざ省略すると動かなかった…というわけで選択したオブジェクトのサイズを取得してそれを基準にしています。

この記事の続きを読む

タグ: | 

【Illustrator】選択したオブジェクトをそれぞれアートボードにするスクリプト

公開日:2017年3月21日 最終更新日:2017年7月21日

 選択したオブジェクトをそれぞれアートボードにするスクリプトです。

 複数の図が、1つのアートボードで作られているときに使用するとスッキリします(でも最終的にInDesignに配置する場合はあまり得した気がしない。理由は後述)。

 注意すべき仕様は「マスクした画像があるオブジェクトの場合、そのオブジェクトのアートボードはマスクしていない画像の大きさになる」「アートボードの番号はレイヤーパネルでの階層順になる」の2点です。CS4ではレイヤーパネルであらかじめ順序をいじっておくしかありませんが、CS5以降であればスクリプト実行後に[アートボード]パネルで順序を入れ替えることができます。

この記事の続きを読む

タグ:

【Illustrator】epsファイルなど、仕上がりや裁ち落とし情報がないファイルのアートボードサイズ

公開日:2016年2月27日 

 Illustratorで仕上がりサイズや裁ち落としを指定しているepsファイルはその限りではないのですが、Photoshop epsや、出身がIllustratorではないepsは、Illustratorで直近に作成した[新規ドキュメント]の数値でアートボードが作成されます。

この記事の続きを読む

【Illustrator/Affinity Designer】#ベジェ曲線AC2015 ~3本勝負! 線画はどっちが書きやすい!?~ ③線のはみ出し、交差への対応、そして勝敗

公開日:2015年12月25日 最終更新日:2017年7月17日

 線画を作っていると、よくこういう状態に出くわすと思います。

線が交差している
線が交差している


 これまで、「筆圧」「キャンバスの回転」と見てきました。3本目は「線のはみ出し、交差への対処のしやすさ」で比較します。ここまで筆圧はIllustrator、回転ビューはAffinity Designerと、それぞれ1本ずつ勝ち星を獲得しています。さて勝者の栄冠はどちらに!

この記事の続きを読む

【Illustrator/Affinity Designer】#ベジェ曲線AC2015 ~3本勝負! 線画はどっちが書きやすい!?~ ②回転ビュー編

公開日:2015年12月21日 最終更新日:2017年7月17日

 【Illustrator/Affinity Designer】#ベジェ曲線AC2015 ~3本勝負! 線画はどっちが書きやすい!?~ ①筆圧編の続きです。

 

2回戦:キャンバスの回転

 線画を作るときには、紙の向きを変えないと描きづらい箇所が出てきます。そんなときに頼りになるのが「キャンバスの回転」です。PhotoshopやCLIP STUDIO PAINTなどには搭載されていますが、IllustratorやAffinity Designerはどうでしょうか。

この記事の続きを読む

タグ:

【Illustrator/Affinity Designer】#ベジェ曲線AC2015 ~3本勝負! 線画はどっちが書きやすい!?~ ①筆圧編

公開日:2015年12月20日 

ベジェ曲線AC2015

 「ベクター」で線を引けるソフトはいくつかあります。塗りはPhotoshopでやるとしても、「Illustrator」「Affinity Designer」のうち、どちらでやるのが線をひきやすいか「筆圧コントロール」「キャンバスの回転」「線のはみ出し、交差対策」の観点から見ていきます。IllustratorのバージョンはCC2014.1、Affinity Designerのバージョンは1.41です。

この記事の続きを読む

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別の記事

  • おことわり

     Adobe、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国および他の国における商標または登録商標です。本サイトでは、RおよびTMを省略しております。