InDesign | Blue-Screeeeeeen.net―youichi7imazekiのDTPメモ― - Part 9

トップページIllustrator

【Mac OS X/Illustrator/InDesign/Photoshop】パネル単体でのスクリーンショット撮影時の違い

公開日:2013年5月26日 最終更新日:2017年7月17日

従来のバージョンで[Shift+command+4]→[スペース]を使ってパネルを撮影すると、パネルのタブ部分とパネル内部で分かれてしまうため、2回撮影するか、範囲指定で撮影する必要がありました。

CS6の中でも、IllustratorとPhotoshopでは、Mac OS Xの標準機能を使ってもパネル単体でスクリーンショットを撮影できるようになっています。

▼Illustrator CS6のスウォッチパネル単体で撮影

この記事の続きを読む

タグ: |  |  | 

【InDesign】開いているinddファイルの印刷可能領域を設定し、上書き保存して閉じるスクリプト

公開日:2013年5月15日 最終更新日:2014年1月23日

開いているinddファイルに印刷可能領域を設定し、ファイルを上書き保存→閉じるという動作をするスクリプトです。

今まで版外情報を置くスペースを作っていなかったファイルに対して使いました。ちょっと多かったので…

地味ですが、どなたかのお役に立てば。

(2013年5月16日更新)前の状態だと、ドキュメントデフォルトの「全ての設定を同一に」の設定に流されてしまうため、スクリプト上で「全ての設定を同一に」のオン/オフ切り替えを出来るようにしました。

この記事の続きを読む

タグ: |  | 

【Illustrator/InDesign/Photoshop】Bridgeで現在開いているファイル(のあるフォルダ)を開く

公開日:2013年5月6日 最終更新日:2017年7月17日

Illustrator/InDesign/Photoshopなど、使用しているアプリケーションから、現在開いているファイルが保存されているフォルダを、Bridgeで開くこともできます。

あれ?開いているこのファイル、どこにしまってたんだっけ…? というとき

今編集してる.psdファイル以外を見たいんじゃあ! というとき

…などの使い道があります。難点は、Bridgeで開く時に、現在のウインドウで新しく開いてしまうことです。ここは、別ウインドウで開いてほしいところです。

各アプリケーション共に、ウインドウ下部のまたは<をクリックすることでコンテキストメニューを表示できます。

この記事の続きを読む

タグ: |  |  |  | 

【書籍/InDesignCS5~6】Adobe DPSをビジネス活用!

公開日:2013年4月10日 最終更新日:2017年7月17日

4/13日のDPS勉強会の資料として、出版社さんの好意で『Adobe DPSをビジネス活用! iPad、iPhone、Android対応』(著:樋口泰行さん 販売:ワークスコーポレーションさま)を先行販売していただきました。(発売日は2013年4月16日です)

DPSを用いたさまざまなアプリ(日本・海外)の事例が紹介されています。
 そして、PC上・デバイスでのプレビュー、Folio Producerへのアップロード手順、アプリケーション化するまでの手順、それに伴うDigital Publishing Suiteの種類の違い、かかる費用など、DPSでのコンテンツ制作から配信までに必要な情報がばっちり収録されています。

この記事の続きを読む

タグ: |  |  | 

【InDesign/Illustrator】線や長方形描画時の、スペースキーを用いたちょっとしたtips

公開日:2013年3月16日 最終更新日:2013年3月20日

長方形や線を、ドキュメント上をドラッグして作成する時に、スペースキーを一緒に押しながらドラッグすると、作成する場所を動かすことができます。

この記事の続きを読む

タグ: |  | 

【InDesign】段落境界線で対処しきれない見出しに関する考察

公開日:2013年3月9日 最終更新日:2013年3月13日

見出しを作る際に、InDesignの段落境界線を使用すると、「テキストに連動して動く囲み」を付けることができます。この機能を使えば、見出しの前後で行数が増減した際に対処が簡単にできます。

この記事の続きを読む

タグ: |  | 

【DTP/InDesign】ファイル/フォルダ管理はどうしていますか? 〜画像ファイルとLinkフォルダ〜

公開日:2013年1月27日 最終更新日:2017年7月17日

 DTP作業を安全に、確実に行なうため避けては通れないのが、「ファイル/フォルダの管理」です。

 ・ネイティブ入稿をするとき

 ・作業者が途中で変更になったとき

 ・改版、増刷、一部改訂が発生したとき

等に備えて、限りなくわかりやすいフォルダ構成にしておく必要があります。
 下図は、私が書籍の作業をする際のフォルダ構成です。

この記事の続きを読む

タグ: |  |  | 

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別の記事

  • おことわり

     Adobe、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国および他の国における商標または登録商標です。本サイトでは、RおよびTMを省略しております。