Blue-Screeeeeeen.net-youichi7imazekiのDTPメモ-

トップページ » 編集 » 【編集】キャプションでのURL表記

【編集】キャプションでのURL表記

公開日:2015年11月30日 最終更新日:2015年12月1日

 書籍や雑誌で使う図版には、文章への理解を助けるためにキャプションを入れますが、発行する形式に応じて、それぞれ適した入れ方があるように思います。


 例えば、図版に対し「URLのみ」記載されている場合、電子書籍で閲覧するぶんには、そのURLをタップすることで該当Webサイトに飛べる、またはコピー&ペーストでURL入力するのが楽なため、その本を理解する上で大きな助けになるでしょう。

 一方、紙媒体のみで発行する書籍でのキャプションがURLのみだった場合、それをPCかタブレット、スマートフォンでわざわざ入力して調べなければならず、非常に不便です。


 欲を言えば、URLが必要そうな図版に関しては、説明とURLとを併記してあると良いのですが、スペースの制約がある場合、発行形式に応じてキャプションの入れ方を考えると、読者にとっての便利さがぐっと変わるように思います。


関連している他の記事

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別の記事

  • 書籍など

    おことわり

     Adobe、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国および他の国における商標または登録商標です。本サイトでは、RおよびTMを省略しております。