Blue-Screeeeeeen.net-youichi7imazekiのDTPメモ-

更新履歴


【InDesign】ドキュメントの素性を確認する

公開日:2013年7月8日 

InDesignメニューの[InDesignについて]command+クリックすると、開いているドキュメントの素性を確認できます。(Windowsは、[ヘルプ]メニューから[InDesignについて]をctrl+クリック)

この記事の続きを読む

タグ: | 

【Mac OS X/Windows7】両OSの操作感覚を統一する

公開日:2013年7月7日 最終更新日:2013年7月8日

スクリーンショットを撮影したり、フォルダの移動(コピー&ペースト、カット&ペーストなど)、OS独自の動作など、MacとWindows両方を使っていると迷う動作がいくつかあります。

この記事では、「スクリーンショット」「ファイルブラウジング」に関して、私が両OSで作業を行う際に操作感覚を統一するために使っている方法およびユーティリティを紹介します。

スクリーンショットを撮影(Windowsの挙動をMacに合わせる)

Mac OS Xでは、スクリーンショットは「Shift+command+3」で撮影します。撮影したスクリーンショットは、デスクトップにpng形式で保存されます。一方Windowsでは、「PrintScreen」で一度クリップボードにコピーしてから、各種画像編集ソフトにペーストします。

この記事の続きを読む

タグ: |  |  |  | 

【セミナー】来たよDot-ai!(後編)

公開日:2013年7月7日 最終更新日:2017年7月17日

前編から続く、Dot-aiレポート後編です。第3セッションはアピアランスやグラフィックスタイルからちょっと離れて、「こういう機能をイラレにつけてほしい」「この機能ってバグじゃないか?」といった、ユーザーの希望や疑問をぶつけてみようというものです。

この記事の続きを読む

タグ: |  | 

【セミナー】来たよDot-ai!(前編)

公開日:2013年7月4日 最終更新日:2013年7月7日

2013年6月29日、Illustratorユーザーによるユーザーのためのイベント、「Dot-ai」が開催されました。

セッションその1:グラフィックスタイル&アピアランス(株式会社スイッチ:鷹野雅弘さん、ウープスデザイン:石嶋未来さん)

まずは、アピアランスとグラフィックスタイルについて解説。今あるアピアランス/グラフィックスタイルの知識を整理するとともに、もっと有効な使い方も得られました。以下、箇条書きで。

この記事の続きを読む

タグ: |  | 

【Illustrator】「トリムマーク」効果が少しありがたく思える使い方

公開日:2013年7月3日 最終更新日:2017年7月17日

[トリムマーク]効果でトンボを作れば、「線幅を設定していたがための、トンボのずれ」を減らすことができるのでは?と考えました。

▼線幅を設定したオブジェクトにトンボをつけると、線幅込みのサイズを基にトンボが作られる

この記事の続きを読む

タグ: |  | 

【Illustrator】私のアピアランスの使いどころ

公開日:2013年6月28日 

dot-ai、いよいよ明日です。楽しみですね!

今回のdot-ai、テーマは「アピアランス」ということで、「どういうものなのか」「どういうところで使うのか」を、自分の仕事でよく使うケースで書きます。

あまり凝った作りのものは少なく、「ふち文字」「オブジェクトの回転」「グラフィックスタイル」がほとんどです。

この記事の続きを読む

タグ: | 

【InDesign CC】細かい、あまりにも細かい操作性の変更

公開日:2013年6月27日 

InDesign CCでは、ダイアログ内の移動にも手が加えられています。(ほんとに小さいことですが) [Tab]キーでのダイアログ内の移動に、「入力欄のないプルダウンメニュー」も含まれるようになっています。ほんの少し、作 […]

この記事の続きを読む

タグ: | 

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別の記事

  • おことわり

     Adobe、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国および他の国における商標または登録商標です。本サイトでは、RおよびTMを省略しております。