Blue-Screeeeeeen.net-youichi7imazekiのDTPメモ-

更新履歴


【生活】モスバーガーのソースに、ポテトをつけて食べたら美味しかった話

公開日:2013年5月25日 最終更新日:2015年2月24日

とても美味しかったです! もしかしたら、モスバーガーのハンバーガーソースってポテトに合うように作られているのではないかと思うくらいでした。 夕飯にモスバーガーを利用した時のこと。注文したのはポテト(S)とモスバーガー。 […]

この記事の続きを読む

タグ:

【素材】パソコンとかスマホとか

公開日:2013年5月20日 最終更新日:2014年1月23日

マルチアートボード書き出し用に作成したオブジェクトです。3色ぶん用意しています。

「フラットデザイン」を意識して作っています。

この記事の続きを読む

タグ: |  | 

【Illustrator/Acrobat】マルチアートボードから、まとめてpng/jpgで保存する方法あれこれ

公開日:2013年5月19日 最終更新日:2017年7月17日

「各アートボードのアイテムを、まとめてpng/jpgで保存したい」というときは、主に2つの方法を使っています。

Illustratorから書き出す

Illustratorの[ファイル]メニューから[書き出し…]を選択します。

[書き出し]ダイアログを表示して、[ファイルの形式]を選択したら、[各アートボードごと]にチェックを入れて[書き出し]をクリックします。このとき、[範囲]のボタンにチェックを入れ、右のフィールドに指定のアートボード番号を入力すれば、全アートボード中から一部をまとめて書き出すことができます。

この記事の続きを読む

タグ: |  | 

【お知らせ】当サイトはCS6にも対応しました

公開日:2013年5月18日 最終更新日:2013年5月18日

当サイトでのキャプチャや操作は、これまで原則CS4で行なっていましたが、もうCCも出るというのに2013年5月19日以降の記事はCS6を基にした記事とします。(実はあわてて買いました)

私の環境にはCS4も残っていますので、過去バージョンの検証が必要な記事では、CS4も合わせて使用します。

この記事が、当サイト100個目の記事です。ふぃ~。

この記事の続きを読む

タグ:

【InDesign】開いているinddファイルの印刷可能領域を設定し、上書き保存して閉じるスクリプト

公開日:2013年5月15日 最終更新日:2014年1月23日

開いているinddファイルに印刷可能領域を設定し、ファイルを上書き保存→閉じるという動作をするスクリプトです。

今まで版外情報を置くスペースを作っていなかったファイルに対して使いました。ちょっと多かったので…

地味ですが、どなたかのお役に立てば。

(2013年5月16日更新)前の状態だと、ドキュメントデフォルトの「全ての設定を同一に」の設定に流されてしまうため、スクリプト上で「全ての設定を同一に」のオン/オフ切り替えを出来るようにしました。

この記事の続きを読む

タグ: |  | 

【IllustratorCS4以降】少しでも快適に。[アピアランス]パネルでのカラー操作

公開日:2013年5月14日 最終更新日:2017年7月17日

[アピアランス]パネルの線/塗り属性をShift+クリックすると、[カラー]パネルを[アピアランス]パネル内で開くことができます。

カラースライダーで設定して、そのまま[スウォッチ]パネルにドラッグ&ドロップして登録できます。かつ、[グラデーション]パネルにドラッグ&ドロップして、グラデーションを作成することもできます。

この記事の続きを読む

タグ: | 

【お知らせ】ひと味ちがう自分名刺を作ろう!「みんめProject for dot-ai 」

公開日:2013年5月14日 最終更新日:2017年7月17日

株式会社賢工製版さまで、「みんめProject for dot-Ai」が始まります。(申し込み開始予定日は2013年5月20日)

4cフルカラー+ニス2Cを表裏両面という、ゴージャス仕様になっています。ニス2版でつるつる部分とざらざら部分を出す疑似エンボス名刺を作れます。

▲以前のみんめProjectで作成した名刺です。今回はもっと派手にしてみようと思います。

この記事の続きを読む

タグ: | 

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別の記事

  • おことわり

     Adobe、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国および他の国における商標または登録商標です。本サイトでは、RおよびTMを省略しております。