2017年を振り返る【2つのはじめましたと1つのやめました】 | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » 生活 » 2017年を振り返る【2つのはじめましたと1つのやめました】

2017年を振り返る【2つのはじめましたと1つのやめました】

公開日:2017年12月11日 最終更新日:2017年12月12日

 2017年がもうすぐ終わります。2017年では、2つはじめたこと(スクリプト習得、筋トレ)と1つやめたこと(SNS)があります。

 個人的な収穫としては、スクリプトのおかげで「自らの力不足に起因する仕事の愚痴をほぼゼロにできた」というのが大きいです。イラストの方の進展はあまり…ただ人生初漫画(R18)を描きました(正確には現在描いています。もう少しで完成)。これがイラストの方に活かせる経験だと良いんですが。

スクリプトはじめました

 2017年始めから、自分の仕事において「数が散発的」かつ「保存する、書き出すなどの単純作業」をリストアップし、その作業をスクリプトに置き換えるのを月ごとに行ないました。


 スクリプトを書き溜めていく中で、仕事に対する愚痴はほとんどが自らの力不足、引き出しの少なさによるものだったんだと痛感しました。スクリプトを学習することで、通常のオペレーションも選択肢が広がったように思います。例えば、「ここは後で一気に差し替えがあるかもしれないからスクリプトラベルを付けておこう」「処理対象を限定するための情報(スタイルなど)は出来る限り付加しておこう」などです。


スクリプトに置き換えた作業リスト(抜粋)

【1月】増刷時に、ページ指定してPDFを書き出す(InDesign)

【2月】選択したオブジェクトをjpegにする、今いるページをjpegで書き出す(InDesign)

【3月】アートボードの制御(Illustrator、InDesign)

【7月】配置画像の一括ラスタライズ(Illustrator)

【9-10月】開いたinddファイルの合計ページ数をテキストで書き出す/特定の文字を、接頭辞を任意に指定した連番に置換→選択したフォルダのファイル名と連番を対照して画像に置換(インラインで挿入)→大きければ一律で縮小(このスクリプトは仕事の切り札的なものなので公開はできませんが…)

【11月】開いているファイルと同じ場所に350ppiのpsdを保存(Photoshop)


 これらの作業をスクリプトに置き換え、作業時間を何度か測りましたが、さほどスクリプト導入前と大きな違いはありませんでした。(ええ~)


 しかし、導入前と大きく変化したのは「体力、精神力の消耗度」です。フル手作業の頃と比べて、「全体→細部の調整」※の流れで制作を進められるようになったため、「まだ●個画像が残ってる…」など精神的負荷および手の疲労が減りました。

※テキスト整形、配置→run_queries.jsxでスタイル付け→XXXで一気に画像配置→例外箇所や画像の大きさ調整


 DTPの手作業も嫌いではありませんが、できれば手はイラストや家事に割り振りたいので、ある程度成果が出て良かったです。(去年の夏頃手が痛くなってたしな…)


2.筋トレ&寝る前のストレッチはじめました

 高校~大学の頃は学校が坂の上というのもあって、結構脚の筋肉はついていたんですが、働くようになって7-8年、歩く頻度も減りの歩いてもほとんど平地ばかりだったのでいつしか脚はプヨプヨになっていました(ついでに腹も)。

 「こりゃいかん」と思い7月からやりはじめたのははじめたのは「スクワット(脚用)」と「プランク(腹用)」です。

 月、水、金はプランクを30秒×2、火、木、土はスクワットを10回×2で日曜日はは調整日としてスタート。1日あたりの負荷を少なめにして、長期間できそうなスケジュールを組みました。


地獄の1分

 スクワットやストレッチは特筆すべきことはない(始めたては翌日筋肉痛になったくらい)ですが、プランクは超ハード。30秒を2回やっただけで、息も切れるし腹もプルプル言うしで、「コレ続けられるのか?」と憂鬱になりました。1日置きの設定で良かった…


効果

 10月くらいから、「腹回りの形がはっきりしてくる」「歩行時につまづきづらくなる」「疲れにくくなる」などの効果が出始めました。DTPやイラストはデスクワークがほとんどなので、「細く長く、たまに太く」続けられるような身体を作るべく、今後も筋トレ&ストレッチを続けていきます。体重は結構増えてしまいましたが


3.SNSやめました

 Twitter(2016/10)、Facebook(2017/7)をやめました。

 たくさん楽しいこと、うれしいことはありました。ただ、それらは私にとっては「受け入れられている」と感じるときは大変楽しい反面、「無視されている」と感じるととたんに落ち着かなくなるという、まるで麻薬のようなものでした。

 そのうち落ち着かなくなる時間のほうが多くなってきたように感じ、もっと自分の現実(といってもSNSは現実と地続きではありますが)を見て生活しようと決めました。


 もし戻るにしても、「4つのうち1つ以上条件を満たす」ができたらと設定しています。その条件は「運が良ければ」レベルのものから、「もしかしたら一生無理かも」のレベルまでありますが、たぶんその条件のどれかが満たせれば、ちょっとは成熟した精神で戻れるんじゃなかろうかと思います。

 これまでTwitterやFacebookで関わってくださったみなさま、これからしばらくは「実際にお会いする」「メールでのやりとり」でよろしくお願いします。


成果物

イラスト

 ひとまず1ヶ月あたり1枚ノルマは達成(9月のはそれに含めていいか微妙)。今後は年末までにもう一枚。んでそれが終わったら練習に。今年は「1-4月あたりに描いた絵の質でスピードアップした」くらいしか成果がないので、「このあたりでいいか」でなく少し時間がかかっても「しっかり描けたぞ」と言えるものを最低1枚は作ろうと思います。

[R-18] 2017 | pixiv


スクリプト(個人的使用頻度順)

【Illustrator】選択したオブジェクトをそれぞれアートボードにするスクリプト

【InDesign】ai/pdfのアートボード/ページを指定して同一ファイルに再リンクするスクリプト

 この2つはセット運用しています。Illustratorのオブジェクトをそれぞれアートボードにし、InDesignに配置→別のアートボードにする場合は「配置」を通さずに再配置する、という具合に。


【InDesign】選択文字列にパーレン(かっこ)を付加するスクリプト「カッコつける」

 結構単語をカッコで括るのは多いので、地味によく使います。助かるなと思うのは引用符を入力するとき。


【InDesign】引き出し線も一緒にjpg/pngを書き出す

 今のページだけ、あるいは選択オブジェクトだけを画像にしたいときに。


【InDesign】グループオブジェクトと「オブジェクトスタイル」の怪しい関係

 オブジェクトスタイルが適用されたグループオブジェクトを、アンカー付きにして本文中に入れたいときに。



広告

関連している他の記事

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物