【DTPの勉強会 第14回】「いまさらきけないシリーズ・Acrobat & Bridge」に行きました(爻の編) | Blue-Screeeeeeen.net―youichi7imazekiのDTPメモ―

トップページ » Acrobat » 【DTPの勉強会 第14回】「いまさらきけないシリーズ・Acrobat & Bridge」に行きました(爻の編)

【DTPの勉強会 第14回】「いまさらきけないシリーズ・Acrobat & Bridge」に行きました(爻の編)

公開日:2014年7月31日 最終更新日:2017年7月17日

Acrobat 注釈ツール

【DTPの勉強会 第14回】「いまさらきけないシリーズ・Acrobat & Bridge」に行きました(漸の篇)からの続き

徹底攻略Acrobat Pro・その3 〜注釈ツールの使い方とTips(スピーカー:あさうすさん)

あさうすさんによる、Acrobatの校正用機能「注釈ツール」についてのセッションです。

前職では、内校はPDFでまわしていたので、注釈ツールはかなり使っていました(今はすっかりごぶさたです…)

[注釈]ツールは、ソフト上でPDFに注釈を書くので、朱を入れる時の使い勝手は手書きとは異なります。fdfファイルを使った朱入れ部分のみの共有、修正すべきテキストを含めることができる…など、PC作業ならではの利点があります。

テキストの置換、取り消し線など、PCならではの便利な機能がたくさんあるため、このツールを手書きでの朱入れと同じ感覚で使うのはツールの意味がありません。

「アプリケーションを使うため」のワークフローではいけないわけですから、お客さまや社内での朱字共有でAcrobatを使うには、手書きの朱入れも含めたワークフロー混みでの提案が必要になる(Readerでも注釈はできるけど、それらの使い方を関わるメンバー同士が知っている必要がある、一部修正指示は[注釈]ツールでは入れづらい…などをどう進めるかがカギではないかと思います。せっかく使うなら、関わる人が楽できる、ミス無いフローを作りたいですもんね。

そしてそして校正に関して最近の仕事で強く思ったこと。

朱字が読みづらい人はAcrobat注釈を覚えるとスムーズになるんじゃないでしょうか…(Acrobat使おうよ使ってくださいお願いします)

セッション4:Adobe Bridge!!(スピーカー:大倉 壽子さん & あかつきさん)

Adobe Bridge

全国でも有数のBridge使いのお二方のセッションです。

正直なところをいうと…

あと2時間話してほしかった

です。(じゃあアンケートに書けよという話ですが)

私自身、Adobeアプリケーションで作成したファイル閲覧、リネームとInDesignへの画像配置、コンタクトシート作成にしか使ってませんでしたが、画像ファイルにメタデータを仕込むことでInDesignでのキャプション付けがとても楽になることファイルのフィルタリング複数画像のチェックと、作業が楽になりそうなものが多かったです。もっと長時間だったらどこまでの話をしていたんだろう…

まとめ

勉強会の利点のひとつは「現在のでなくても、未来の自分に必要と思われるものが得られる」ではないかと思います。

トリムマークを例に出すと、現在この方法でも問題はないですが、勉強会で得た情報により入稿時に打てる手が増えました。現在の方法でも問題はなく進めてはいますが、いざその方法が通じないあるいは他の方法が必要な時、情報、実践できる知識があれば対応が容易になります。これが「打てる手が増える」ということで、将棋や囲碁じゃないですが「こういうところに問題発生の芽がある」という感じで先を読めるようになってくるのではと思います。

とはいえ、得た情報、知識、Tipsはもっぱら自分の仕事を楽にすることに費やされているので、どうにか外に会社に業界に還元しないとなーと思う次第でありました。

Togetter

DTPの勉強会第14回「いまさらきけないシリーズ・Acrobat & Bridge」

タグ: |  |  |  | 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別の記事

  • おことわり

     Adobe、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国および他の国における商標または登録商標です。本サイトでは、RおよびTMを省略しております。