【Illustrator】私のアピアランスの使いどころ | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » Illustrator » 【Illustrator】私のアピアランスの使いどころ

【Illustrator】私のアピアランスの使いどころ

公開日:2013年6月28日 

dot-ai、いよいよ明日です。楽しみですね!

今回のdot-ai、テーマは「アピアランス」ということで、「どういうものなのか」「どういうところで使うのか」を、自分の仕事でよく使うケースで書きます。

あまり凝った作りのものは少なく、「ふち文字」「オブジェクトの回転」「グラフィックスタイル」で使用することが多いです。

たまにこんなのもありますが…

どういうものなのか

「アピアランス」は、“appearance: (人・ものの)外観,見かけ”ということで、オブジェクトの形状そのものを変化させるのではなく、「塗り」「線」「効果」の「アピアランス属性」を追加していくことで「見た目」を変化させる機能です。

例えば、スポーツ新聞の見出し。

どういうときに使うのか ケース1:フチ文字

先ほどのような、フチ文字での修正をラクにするために、アピアランスを使用します。

フチ文字をラクに!

1つのオブジェクトが複数の「塗り」や「線」を持っているため、オブジェクトを1つずつ修正する手間が省けます。

どういうときに使うのか ケース2:画像・オブジェクトの回転

下図は私が作る頻度の高い、書籍カバーの体裁です。(使っている画像やタイトルはともかく)

こういった体裁のものをよく作っています

この中にも、アピアランスを使用することで、楽ができるパーツがあります。その1つが背景に使用している「回転した」画像です。

オブジェクトのバウンディングボックスをつかんで回転させる方法もあります。しかし、この方法だと「どのくらい回転したか」が数値で判断できませんし、角度を戻す時に余分にひと手間かかってしまいます。

[変形]効果を使えば、数値指定でオブジェクトを回転できます。ダイアログの[回転]→[角度]で回転角度を変更します。

元に戻すには、[変形]効果を削除するか、[角度]を[0]とします。

回転!

どういうときに使うのか ケース3:グラフィックスタイルによる使い回し

修正が簡単にできるようになるアピアランスですが、同じ設定のオブジェクトがいくつもある時は、その都度設定するのは面倒なので、使い回せるようにします。

一度作ったアピアランスの設定を、[グラフィックスタイル]パネルに登録しておくことで、他のオブジェクト、他のドキュメントでも使用できます。

 登録するには、アピアランスを設定したオブジェクトを[グラフィックスタイル]パネルにドラッグ&ドロップします。

 これで、スタイルの登録が完了しました。適用するには、オブジェクトを選択してクリックします。

グラフィックスタイルに登録

グラフィックスタイルを適用

 optionキーと合わせてクリックすると、現状のアピアランスに、追加でスタイルを適用できます。

グラフィックスタイルを追加適用

タグ: | 


広告

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物