Blue-Screeeeeeen.net-youichi7imazekiのDTPメモ-

トップページ » Illustrator » 【書籍】10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 が発売されます。

【書籍】10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 が発売されます。

公開日:2014年10月15日 最終更新日:2017年7月17日

Illustratorユーザー必携の書といっても過言ではない、「10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】」が、2014年10月18日に発売されます。技術評論社様より見本をいただいたので、ここに感想&宣伝を。とても良い本です。

この書籍は、基本操作に関する説明は省き、ある程度Illustratorを使っている人が「より早く」「より楽に」作業を完了できる方法を紹介しています。

よく読んだ箇所

1章の「直しに強いデータの作りかた(アピアランス編)」、2章「直しに強いデータの作りかた(便利な小ワザ編)」は、「文字の角丸」「文字の墨だまり」をはじめ、「消し値(×で数値を消すデザイン)」「文字の角度を戻せるシアー」など、即実戦で使えるテクニックが大幅に追加されています。読む時間が…という場合でも、この2つの章を読めば、かなり作業効率は上がると思います。

6章「スムーズでロスの少ないデータの受け渡し」、7章「生産性が変わる環境構築のポイント」では、「バージョン違いのデータを受け渡しする時のポイント」、「設定の共有」「ファイルのリビジョン管理(修正前、修正後のファイルをどう保存しておくか)」などの、データ管理に関するテクニックが紹介されています。

1人で作業する場合は、これらの方法はすぐに取り入れることができますが、複数人作業の場合は一気にではなく、ファイル名管理などから徐々に取り入れていくのがいいのかなと思います。私はこの書籍のp.211にある「ファイル名末尾に「-v00」と番号を振り、番号が一番大きいものが最新」という管理方法を取り入れています。(ファイル管理方法を考えるのが好きなもので…)

まとめ

2011年当時の私は「Illustratorの操作はある程度できるけど、正直限界を感じている…」というユーザーでした。改訂前の「10倍ラクするIllustrator仕事術」(以下「2011年版」)によって苦手意識を克服することができました。(職場が変わってよりヘビーにIllustratorを使わざるをえなかったというのもありますが)

改訂版では「これもっと楽にできないかなー」を実現できるテクニックがたくさんあります。2011年版を読んでIllustrator好きになった人を、さらにパワーアップしてくれる本です。各バージョンから搭載された機能(内側描画:CS5、パッケージ:CC、ライブコーナー:CC 2014…)もかなり実践的に紹介されています。

サポート各種

『10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識』サポートサイト

出版記念ツアー

サポートやセミナーも準備されています。今の時期だと、2014年10月18日のINDD + dot-Ai 2014あたりが近いセミナーです。発売日なのできっとお知らせがあるはずです。

Amazonで購入

タグ: | 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別の記事

  • おことわり

     Adobe、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国および他の国における商標または登録商標です。本サイトでは、RおよびTMを省略しております。