【Illustrator】[スウォッチ]パネルにカラーをドラッグせずに、使用している色を追加する | Blue-Scre{7}n․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » Illustrator » 【Illustrator】[スウォッチ]パネルにカラーをドラッグせずに、使用している色を追加する

【Illustrator】[スウォッチ]パネルにカラーをドラッグせずに、使用している色を追加する

公開日:2012年9月9日 最終更新日:2021年3月13日

カラー追加に関する2つの手段

 [スウォッチ]パネルにカラーをドラッグせずに、使用している色を追加するには、

の2つがあります。

[使用したカラーを追加][選択したカラーを追加]の場合

 ドキュメント上で使用されているカラーまたは選択しているオブジェクトのカラーが、グローバルスウォッチ※1として[スウォッチ]パネルに追加されます。

 グラデーションは、グラデーションスライダーで使用されているカラー※2が、それぞれ[スウォッチ]パネルに追加されます。

グラデーションは、グラデーションスライダーで使用されているカラーが、それぞれ[スウォッチ]パネルに追加されます。
グラデーションは、グラデーションスライダーで使用されているカラーが、
それぞれ[スウォッチ]パネルに追加される

※1 濃度やカラーを一括変更できるスウォッチ
※2 グラデーションスウォッチとしては登録されない

 オブジェクトのカラーをすでに[スウォッチ]パネルに登録している場合でも、それがグローバルスウォッチでなければ新たにグローバルスウォッチとして同じカラーが登録されます。

既存のカラーがある場合、グローバルスウォッチとして新たに登録

[新規カラーグループ]の場合

 [新規カラーグループ]は、オブジェクトを何も選択していないときは[スウォッチ]パネルにフォルダを作るだけなので、オブジェクトを1つ以上選択しておく必要があります。

 オブジェクトを選択して[新規カラーグループ]のボタンをクリック。[新規カラーグループ]ダイアログを表示します。

新規カラーグループの追加

 [新規カラーグループ]ダイアログでは、[作成元]の[選択したオブジェクト]のラジオボタンが押されています。カラーグループに名前をつけて(作例では「bsnet-light」と設定)、[OK]をクリック。

CCライブラリでのカラーグループの利用

 [スウォッチ]パネルで選択しているカラーグループは、色数が5個以下ならば[現在のライブラリに選択したスウォッチとカラーグループを追加]ボタンをクリックしてCCライブラリへの共有ができます。

CCライブラリでのカラーグループの利用。
5色以下のカラーグループであればCCライブラリに共有できる

 共有したカラーグループは、[CCライブラリ]パネルからスウォッチのように使えます。


タグ: |  |  | 


広告