【Illustrator/InDesign】それぞれの[パスファインダー]パネルでできること、できないこと | Blue-Scre{7}n․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » Illustrator » 【Illustrator/InDesign】それぞれの[パスファインダー]パネルでできること、できないこと

【Illustrator/InDesign】それぞれの[パスファインダー]パネルでできること、できないこと

公開日:2014年2月11日 最終更新日:2021年3月10日

 Illustrator、InDesign共に搭載されている[パスファインダー]パネルは、名称こそ同じですが、できることがお互いに異なります。Illustratorは非破壊でのオブジェクト編集に、InDesignはパスやアンカーポイントに関して秀でているように感じます。

 例えば、パスファインダーの[追加]は、Illustratorではoptionキーを押しながらクリックすると「複合シェイプ」を作成して非破壊の編集ができますが、InDesignではオブジェクトは合体したきりなので、再編集できません。

 そのため、「吹き出し」がInDesign上で必要になるときには悩みどころです。

InDesignでは複合シェイプは作れない

 違いをまとめたのが下表です。

項目IllustratorInDesign
追加



前面オブジェクトで
型抜き



交差



中マド



背面オブジェクトで型抜き



分割



刈り込み



合流



切り抜き



アウトライン



option+クリックによる複合シェイプの作成



シェイプの変換



パスの結合[パスファインダー]パネルには無く、アンカーポイントを選択している際に[コントロールパネル]に表示される。


パスを開く



パスを閉じる




ただしオープンパスの2点を選択してcommand+Jで可能


パスの反転



(リフレクトツールまたは「変形」効果で対処可能)


ポイントを変換[パスファインダー]パネルには無く、アンカーポイントを選択している際に[コントロールパネル]に表示される。


 InDesignでは複合シェイプができないのは痛いところですが、[シェイプを変換]がInDesignで[パスファインダー]パネルを使用する場合の利点です。

 例えば、「四角い画像を丸くトリミング」という作業が、画像の再配置無しで実現できます。

InDesignの利点は[シェイプを変換]。フレームの形状をすぐに変えられる

タグ: |  | 


広告