JavaScript | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ - Part 3

トップページJavaScript

【Illustrator】タブ区切りテキストを読み込んで、テキストを一括置換するスクリプト

公開日:2017年12月21日 

 複数のファイルで表記を統一、しかもそれが2つ以上ある場合、何度も検索置換するのは非常に面倒です。いつのIllustratorからだったか、アクションは検索置換を記録してくれますが、案件やファイルごとに検索置換パターンを設定したアクションを作るのも結構な労力です。

 というわけで、「検索文字列タブ置換文字列」のようにタブで区切ったテキストを読み込んで、連続して検索置換をすることにしました。

この記事の続きを読む

【InDesign】現在開いているドキュメントを基準にテキストを1行ずつ読み込んで配置

公開日:2017年12月18日 最終更新日:2018年5月22日

 スクリーンショットや製品写真に引き出し線テキストが必要なときに。あらかじめ改行で区切ったテキストを読み込み、テキスト1行につきテキストフレーム1個を中身込みで作成するスクリプトです。

 このスクリプトは、雑誌のように1記事あたりのページ数が少ないものに対しては有効ですが、書籍のようにページ数が多く結構な数の引き出し線テキストが求められる場合、もうちょい工夫が必要です。

この記事の続きを読む

【InDesign】ガイドを削除/削除する際のfor文

公開日:2017年12月6日 

 現在のドキュメントからガイドを削除するスクリプトです。

var guObj=app.activeDocument.guides;
var gucount=guObj.length;
for(var i=gucount-1; i>-1; i--){//ガイドを減らしていくので後ろから繰り返し
  guObj[i].remove();
}

この記事の続きを読む

【InDesign】スクリプトで制御する場合の「文字前のアキ量」「文字後のアキ量」

公開日:2017年12月2日 

 文字前/文字後のアキ量は、スクリプトではleadingAki、trailingAkiで設定します。  これらは、オブジェクトモデルビューアで見るとnumberとなっています。つまりスクリプトでは数値を入力して制御すると […]

この記事の続きを読む

【Illustrator】選択したフォルダ内のemfをaiにして保存

公開日:2017年11月9日 最終更新日:2018年1月29日

(2018.01.29修正).emfはInDesignにそのまま配置できるのでタイトルを変更しました

 支給される画像が、たまに全て.emfのときがあって、それを一つずつアクションで保存し直すのが面倒なのでスクリプト書きました。

 類似例に.wmfがありますが、こちらはIllustratorで開くとド派手に見た目が崩れることがあるので、直接PDFにしてしまう方が安全です。

この記事の続きを読む

【InDesign/スクリプト】propertiesを使う利点

公開日:2017年10月26日 

 オブジェクトモデルビューアを見るとクラス「PageItem」などのプロパティに「properties」という項目があります。

 「これ使えば選択したオブジェクトの線幅とか情報掴めそうじゃない?」ということで

alert(app.activeDocument.selection[0].properties)

のようなコードを書いて動かすと…

オブジェクトオブジェクト…
オブジェクトオブジェクト…

 それは分かってるんだよ…というアラートが返ってきました(そもそもここで返ってくる「Object」はInDesignでのオブジェクトのことではなくて「スクリプトでのプロパティの集まり」のこと)。じゃあこのproperties、何に使うんだ…というと、「{}でオブジェクトとしてまとめて記述するので、スクリプト中でのカスタマイズが楽になる」利点があります。

 「長方形を選択した状態」というケースで、どう動くのかを以降に書いていきます。

この記事の続きを読む

【DTP/InDesign】まずはダイアログの設定をひとつスキップするところから始めよう

公開日:2017年10月22日 最終更新日:2017年10月24日

 DTPの勉強会 第26回「DTPスクリプト・プロフェッショナルの思考や管理の中身をみてみよう」を受講してきました。最近スクリプトを書くようになったので、ここでしっかりと基礎を固めておくためです。

 実際聴いて自分の初心者さを痛感したわけですが特に足らないなと感じたのは「最初の組み立て」です。
 私はいきなりコードを書き始めることが多かったので、「どの結果を得たいか」「そのためにどの操作をさせればいいか」はもっとはっきりさせてから書く(フローチャートや箇条書きで)よう心がけます。

 そもそもDTPやデザインでフォーマット作るときにはラフとか設計図的なの書くじゃん…いつもやってることじゃん…なんでスクリプト(ただでさえ不案内なジャンルなのに)の時にそれ省略するの…ということで。

この記事の続きを読む

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物