【Illustrator/動画あり】svgファイルでのwidth/heightの取り扱い | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » Illustrator » 【Illustrator/動画あり】svgファイルでのwidth/heightの取り扱い

【Illustrator/動画あり】svgファイルでのwidth/heightの取り扱い

公開日:2014年1月24日 

今回の話題はDTPからは離れますが、Illustratorで保存したsvgファイルは、一度テキストエディタで開き、widthとheightを削除して使用しないと、指定されたサイズのままで表示されます。

CCの17.1.0で追加されたsvgオプションの[レスポンシブ]にチェックを入れたデータだと、テキストエディタで開いた時にwidthとheightの値が付加されず、ウインドウサイズに応じて拡大縮小されます。

▲[レスポンシブ]にチェック

▲[レスポンシブ]のチェックをはずす

CC以前のデータであれば、svgで保存後、テキストエディタでsvgファイルを開いてwidthとheightを削除すれば、CCの[レスポンシブ]のチェック有無に相当する保存時の処理ができます。

動画


広告

関連している他の記事

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

    現在のイラストの原点、村上先輩[GF(仮)]、まんぞくさん[ねこあつめ]、まこちー[ぷちます!]。2019年も頑張るぞー

  • 人気の記事

    お買い物