JavaScript | Blue-Screeeeeeen.net―youichi7imazekiのDTPメモ―

トップページJavaScript

【Photoshop】特定の文字列があるレイヤーカンプのみをpngで出力する

公開日:2018年2月8日 

 この間のレイヤーカンプ記事で使用したこのファイル、レイヤーカンプは4種あります。最終的に必要なのは服装のバリエーションなので、レイヤーカンプ名が「服装:〜」となっているものだけあればいいわけです。

該当のレイヤーカンプだけ書き出せればいい

 このファイルの場合は服装は2種類なので選択して書き出してもさほどの手間ではありませんが、他にいくつもあると面倒です。そこで、特定の文字列のあるレイヤーカンプからpngを書き出すスクリプトを作成しました。

この記事の続きを読む

【Photoshop】選択範囲に対してガイドをグリッド状に引くスクリプト

公開日:2018年1月28日 

 A4やA3のドキュメントを4分割して、そこからラフスケッチを始めてアセット書き出し→清書という流れでイラストを描くことが多いのですが、良い構図を探るため、枠に対してグリッド(2*2や、3*3のガイド)を作りたいことがあります。

 ドキュメント全体に引くことはさほど面倒でもないんですが、「選択範囲に対して」となるとちょっと面倒です。この工程を簡略化したくて書いたスクリプトです。Photoshopなんだしエクステンションにすばいいじゃんとも思いますが現状の私の技術ではスクリプトが限度ということでひとつ…

この記事の続きを読む

【InDesign】選択オブジェクトから左右にのみオフセットがある下地を作る

公開日:2017年12月25日 

 メリクリーーー∠( ゚д゚)/ オブジェクトと罫線がクロスするとき、四方を白抜きするのはよくやりますが、「左右だけヌキたい」というアクロバティックな指定が来ることがよくあります(あるんです)。それをなんとかするスクリプトです。

 これが、

使用前

こうなります。

使用後

この記事の続きを読む

【Illustrator】タブ区切りテキストを読み込んで、テキストを一括置換するスクリプト

公開日:2017年12月21日 

 複数のファイルで表記を統一、しかもそれが2つ以上ある場合、何度も検索置換するのは非常に面倒です。いつのIllustratorからだったか、アクションは検索置換を記録してくれますが、案件やファイルごとに検索置換パターンを設定したアクションを作るのも結構な労力です。

 というわけで、「検索文字列タブ置換文字列」のようにタブで区切ったテキストを読み込んで、連続して検索置換をすることにしました。

この記事の続きを読む

【InDesign】現在開いているドキュメントを基準にテキストを1行ずつ読み込んで配置

公開日:2017年12月18日 

 スクリーンショットや製品写真に引き出し線テキストが必要なときに。あらかじめ改行で区切ったテキストを読み込み、テキスト1行につきテキストフレーム1個を中身込みで作成するスクリプトです。

 このスクリプトは、雑誌のように1記事あたりのページ数が少ないものに対しては有効ですが、書籍のようにページ数が多く結構な数の引き出し線テキストが求められる場合、もうちょい工夫が必要です。

この記事の続きを読む

【InDesign】ガイドを削除/削除する際のfor文

公開日:2017年12月6日 

 現在のドキュメントからガイドを削除するスクリプトです。

var guObj=app.activeDocument.guides;
var gucount=guObj.length;
for(var i=gucount-1; i>-1; i--){//ガイドを減らしていくので後ろから繰り返し
  guObj[i].remove();
}

この記事の続きを読む

【InDesign】スクリプトで制御する場合の「文字前のアキ量」「文字後のアキ量」

公開日:2017年12月2日 

 文字前/文字後のアキ量は、スクリプトではleadingAki、trailingAkiで設定します。  これらは、オブジェクトモデルビューアで見るとnumberとなっています。つまりスクリプトでは数値を入力して制御すると […]

この記事の続きを読む

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別の記事

  • おことわり

     Adobe、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国および他の国における商標または登録商標です。本サイトでは、RおよびTMを省略しております。