【InDesign】選択したRGBスウォッチをCMYKスウォッチに変換/一括でRGBスウォッチをCMYKスウォッチに変換 | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » InDesign » 【InDesign】選択したRGBスウォッチをCMYKスウォッチに変換/一括でRGBスウォッチをCMYKスウォッチに変換

【InDesign】選択したRGBスウォッチをCMYKスウォッチに変換/一括でRGBスウォッチをCMYKスウォッチに変換

公開日:2018年3月15日 

 InDesignに配置した写真やイラストからスポイトツールで拾った色は、スウォッチに登録するときRGBです。印刷物のデータを作っている際にはここからCMYKスウォッチに変更する必要があります。

 そのおおまかな手順は、

1.該当のRGBスウォッチをパネルからダブルクリック
2.[スウォッチ設定]ダイアログで[カラーモード]を[CMYK]に
3.CMYKに変更した後カラー値に小数点が発生するので整える

といった感じで進めることが多いです。端数が出ていても使えますが、どうも小数点が発生するカラー値はスッキリしません。

スウォッチをCMYK変換後に発生する端数
スウォッチをCMYK変換後に発生する端数

 とはいえ、手作業でやると最大で「クリック2回」→「スクロール1回」→「クリック1回」→「数字を入力、タブで次へを3セット+数字を入力」→「OK(enterキー)」と12回手を動かすことになります。


 今まではこの手順でCMYKスウォッチに変えていましたが、そろそろ面倒になってきたので(指も疲れるし)スクリプトに置き換えることにしました。主に「3.CMYKに変更した後カラー値に小数点が発生するので整える」での手間を減らすことをテーマにしたスクリプトです。


 このスクリプトの方でも手作業は発生しますが、必要なアクションは最大で「クリック1回」→「スクロール1回」→「enterキー2回」の計4回と大幅に削減できています。


RGBスウォッチが複数あり、それを一括でCMYMスウォッチにしたい場合


スクリプト本文

ダウンロード

//RGBのスウォッチをCMYKに(カラー値は小数点以下を四捨五入)

//スウォッチのリストを作成
  var count = app.activeDocument.swatches.length;
  var SwatchnameList = new Array();
  for(var i = 0; i < count; i++){
    SwatchnameList.push(app.activeDocument.swatches[i].name);
  }

//ダイアログ
var dlg = app.dialogs.add({ name:"RGBスウォッチをCMYKに", canCancel:true });
with(dlg .dialogColumns.add()){
    with(borderPanels.add()){
      staticTexts.add({staticLabel:"【CMYKにしたいスウォッチ】"});
      var sws = dropdowns.add({stringList: SwatchnameList, selectedIndex:0, minWidth:120});
      }
  }
  //ダイアログ表示
  var dlgShow = dlg .show();

  //リストから選択されたスウォッチ名を取得
  var colorName=sws.stringList[sws.selectedIndex]

if(dlgShow===true){
  if((colorName=="None")||(colorName=="Registration")||(colorName=="Paper")){
      alert("[なし]、[レジストレーション]、[紙色]は変換できません");
      dlg.destroy();
    }
  else{
    enCMYK();
    dlg.destroy();
    };
  }
  
function enCMYK(){
  var RGB=app.activeDocument.colors.itemByName(colorName);
  if(RGB.space==ColorSpace.RGB){
    RGB.space=ColorSpace.CMYK;
      //各濃度を四捨五入
    var C=RGB.colorValue[0].toFixed()-0;
    var M=RGB.colorValue[1].toFixed()-0;
    var Y=RGB.colorValue[2].toFixed()-0;
    var K=RGB.colorValue[3].toFixed()-0;
    RGB.colorValue=[C,M,Y,K];
    }else{
      alert("選択したスウォッチはRGBではありません")
    }
}


使い方

1.スクリプトを実行します。

2.ダイアログのリストからRGBのスウォッチを選択します※。

※カラーモードがRGB以外のスウォッチを選択するとアラートが出て処理できないようになっています。
アラート

リストからRGBスウォッチを選択


3.OKを押すと、「2.」で選択したRGBスウォッチが、CMYKスウォッチ(小数点以下を四捨五入)になります。

RGBスウォッチが、CMYKスウォッチに変わる

スウォッチパネルにあるRGBスウォッチを一括でCMYKにしたい場合は

ダウンロード

//スウォッチパネルのRGBスウォッチを全部CMYKに(カラー値は小数点以下を四捨五入)
var count = app.activeDocument.swatches.length;
  for(var i = 0; i < count; i++){
    var colorName=app.activeDocument.swatches[i].name;
    var RGB=app.activeDocument.colors.itemByName(colorName);
  if((colorName=="None")||(colorName=="Registration")||(colorName=="Paper")||(colorName=="Black")){
  //[なし][レジストレーション][紙色][黒]はスルー
    }else{
      if(RGB.space==ColorSpace.RGB){
        RGB.space=ColorSpace.CMYK;
          //各濃度を四捨五入
        var C=RGB.colorValue[0].toFixed()-0;
        var M=RGB.colorValue[1].toFixed()-0;
        var Y=RGB.colorValue[2].toFixed()-0;
        var K=RGB.colorValue[3].toFixed()-0;
        RGB.colorValue=[C,M,Y,K];
      }else{
        //RGBでないスウォッチはスルー
      }
    }
  }


 こちらのスクリプトは、実行すると[スウォッチ]パネルのRGBスウォッチが一括でCMYKに変更されます。小数点以下が四捨五入されるのは同様です。

タグ: |  | 


広告

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物