【InDesign】グループオブジェクトに光彩(外側)で白フチをつける | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » InDesign » 【InDesign】グループオブジェクトに光彩(外側)で白フチをつける

【InDesign】グループオブジェクトに光彩(外側)で白フチをつける

公開日:2018年2月24日 

 過去のエントリ(【InDesign】グループオブジェクトと「オブジェクトスタイル」の怪しい関係)に記載したように、オブジェクトスタイルはグループに対して適用した場合にはグループ内の各オブジェクトに適用されてしまうため、グループ全体に対してはかかってくれません。

  一方、[効果]パネルからはグループを対象とした適用が可能です。

オブジェクトスタイルはグループに対して適用した場合にはグループ内の各オブジェクトに適用されてしまう

オブジェクトスタイルはグループに対して適用した場合にはグループ内の各オブジェクトに適用されてしまう2


 オブジェクトスタイルではグループ内の各オブジェクトに効果が適用されてしまう、かといってグループオブジェクト全体に対してはスタイルで効果を適用できない、となると逐一[効果]パネルによる設定が必要になります。

 [グループの抜き]を使う手もありますが、この場合は囲みの内側にフチがついてくれません。

[グループの抜き]を使う手もあるが、この場合は囲みの内側にフチがついてくれない


 とはいえ、「囲み+引き出し線」で構成されているグループは、制作している内容によってはドキュメントに存在するのは1つや2つではありません。一つずつ数値を設定するのは面倒なので、「グループオブジェクトを選択しているとき、そのグループに対して光彩(外側)の効果を適用する」スクリプトを作成しました。

 [効果]パネルの操作をスクリプトにした感じです。スクリプトにキーボードショートカットを設定しておけば、擬似的なスタイルとして使えます。

「グループオブジェクトを選択しているとき、そのグループに対して光彩(外側)の効果を適用する」スクリプト

スクリプト本文

ダウンロード

/*このスクリプトで使用しているouterGlowSettingsの設定値
  applied:効果を適用するか否か。truefalse
  opacity:不透明度。0-100
  blendMode:描画モード。1852797549は「通常」に指定する値
    2020625762:乗算
    2020625764:オーバーレイ
    2020625763:スクリーン
  effectColor:カラー。スウォッチかカラー値を定義しておく
  size:サイズ。数値で指定。スクリプトで再設定していない場合、単位はドキュメントの設定に準ずる
  spread:スプレッドの値。0-100
  technique:「精細」か「ソフト」の選択
    2020618338:精細
    2020618337:ソフト
  */
var doc=app.activeDocument;
var sel=doc.selection[0];
var edge=doc.swatches.itemByName("Paper");
if(sel.constructor.name=="Group"){
  var glow=sel.transparencySettings.outerGlowSettings;
      glow.applied=true;
      glow.opacity=100;
      glow.blendMode=1852797549;
      glow.effectColor=edge;
      glow.size=0.7;
      glow.spread=100;
      glow.technique=2020618338;
  }
  else{
    //グループでないオブジェクトの場合は何も起こらない
  }


タグ: | 


広告

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物