【Illustrator】ダークインターフェイスのつかいみち | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » Illustrator » 【Illustrator】ダークインターフェイスのつかいみち

【Illustrator】ダークインターフェイスのつかいみち

公開日:2014年11月6日 最終更新日:2015年1月27日

Illustrator、PhotoshopにCS6から採用されている「ダークインターフェイス」、私は好きではありませんが(使っているモニタによっては自分の姿が映り込むため)、「使用バージョンごとに明るさを変えて、自分がどのバージョンを使っているか見分けられるようにする」というちょっとした使い道を思いつきました。

私が使っているバージョンはCS4、CS6、CC2014.1の3つです。

Illustrator CS4

CS4の明るさ

Illustrator CS6

CS6の明るさ

Illustrator CC 2014.1

CC2014.1の明るさ

…おいおい3つとも明るさがバラバラじゃないか………

んんっ!?

これを利用すれば、バージョンごとに明るさ変えておいて見分けられるんじゃ…?というのがキッカケの小ネタでした。

Photoshopも同じことはできますが、バージョン分けはIllustratorほどシビアではないので割愛しています。

タグ:


広告

関連している他の記事

    関連する記事は見当たりません…
  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物