【InDesign】[ブック]パネルでのドキュメント選択/選択解除の操作 | Blue-Scre{7}n․net | よそいちのDTPメモ

Blue-Screeeeeeen.net-よそいちのDTPメモ-

トップページ » InDesign » 【InDesign】[ブック]パネルでのドキュメント選択/選択解除の操作

【InDesign】[ブック]パネルでのドキュメント選択/選択解除の操作

公開日:2021年3月10日 最終更新日:2021年3月10日

 InDesignの[ブック]パネルは、1つでもドキュメントを選択しているとまとめてのPDF書き出し、プリントアウト、パッケージができません。

ブックドキュメントを選択してないときとしているときのメニュー変化
ブックドキュメントを選択してないときはまとめて書き出しやプリントアウトできる
ブックドキュメントを選択してないときとしているときのメニュー変化-ドキュメントを選択しているとき
一方、[ブック]パネルでドキュメントを選択していると、
選択しているものしか書き出しやプリントアウトできない


 ドキュメントのない部分をクリックすると選択解除されますが、パネルに登録しているドキュメントが多い場合はえらく下までパネルを伸ばさないと空欄までたどり着けず、選択解除がしづらくなってしまいます(CS時代には一定の空白が常にあった気がするけど)。

 空欄のクリックをしないでキーボード操作とクリックでドキュメントの選択の解除をするには、command+クリックを使いましょう。この操作は、1つずつドキュメントを選択範囲に追加するのにも使用。

command+クリックの挙動
command+クリックの挙動

 また、「ドキュメントAからDまで選択」のように一気に複数のドキュメントを選択するにはshift+クリックを使います。

shift+クリックの挙動
shift+クリックの挙動

タグ: |  |  | 


広告

関連している他の記事

更新履歴


  • 月別の記事

  • カテゴリー一覧

  • 人気の記事

    広告