【Windows10】グレースケール表示の使いみちを考えた | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » Windows » 【Windows10】グレースケール表示の使いみちを考えた

【Windows10】グレースケール表示の使いみちを考えた

公開日:2018年1月31日 最終更新日:2018年3月1日


 こんな機能がついていたとはビックリしました。

 せっかくなので画像を扱う仕事での使いみちを探ると…

カラーモードを変えずにコントラストのチェックができるかも
カラーモードを変えずにコントラストのチェックができるかも

 アイコンやツールパネルまでしっかりグレーになってる…

 [調整レイヤー]の[白黒]や、カラーモードを変えずにコントラストを確認するといったチェックが簡易にできるかも(実際にグレースケールに変換したときと色は違うので完全なチェックはできません)。


 あと、グレースケール表示にしてから[Print Screen]キーを押下すると、スクリーンショットはグレースケールで撮影されます。

スクリーンショットはグレースケールで撮影される


 …結構良いんじゃないかこの機能…!


そもそも(2018.03.01追記)

 1C化の確認はPhotoshopの[表示]→[色の校正]で確認するのが簡単です。


広告

関連している他の記事

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物