【正規表現】回数指定子{} | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » DTP全般 » 【正規表現】回数指定子{}

【正規表現】回数指定子{}

公開日:2018年3月10日 

 ブログタイトルとロゴをマイナーチェンジしました。そのついでに、正規表現についてちょこっと。

1.1回以上

 「e{1,}」または「e+」と検索パターンに記述します。

 この場合は、「blueのe」「rの後のe7つ」「netのe」の3箇所にマッチします。

{1,}での1回以上

+での1回以上


2.明確な回数指定

 例えば検索パターンにe{4}と記述すると、「rの後のe4つ」の1箇所にマッチします。

 「●{n}」内の数字を変更することで、「●がn回」と明確に繰り返し回数を指定して検索できます。タイトルロゴの「e{7}」だと、「7回eが続く」です。

「7回eが続く」


3.n回以上m回以下

 「●{n,m}」と検索パターンを記述します。

 たとえば「eが2回以上、5回以下繰り返される文字列」を検索する場合は「e{2,5}」と記述します。

n回以上m回以下

最長一致

 「1.1回以上」で「rの後のe7つ」が検索されましたが、「1回以上」なんだからそれぞれeが検索されるのでは?と考えますが、「{1,}」や「+」を使った検索は「検索パターンにマッチする文字列は、該当する文字列で可能な限り長くなるもの」を探そうとします。

 「1.」でマッチした3つを例にして、正規表現がどう検索パターンとマッチさせているかいうと、下記の図のような流れになっています。

正規表現がどう検索パターンとマッチさせている

タグ:


広告

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物