【Illustrator】テキスト編集時の「境界線を隠す」 | Blue-Scre{7}n․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » Illustrator » 【Illustrator】テキスト編集時の「境界線を隠す」

【Illustrator】テキスト編集時の「境界線を隠す」

公開日:2012年3月10日 最終更新日:2013年3月7日

 アートワークを操作する際に見やすくなる「境界線を隠す」(Command+H、Ctrl+H)ですが、私はテキスト編集時にオフにしています。理由は、「境界線を隠す」モードだとテキストを範囲選択した際に、反転しなくなり、どの部分を選択しているのかわかりづらいからです。「境界線を隠す」状態にしていて、テキストが選択されない!って体験をした方もいるのではないでしょうか。(私もその一人ですが)
説明画像1
「境界線を隠す」状態のときに、テキストを選択しても反転はしませんが、実際は選択されています。コピーすると選択されていた部分はきちんとコピーされますし、色も変えられます。
でも、作業中は見づらい上にどこまで選択しているのか分からないので、テキスト編集時には、「境界線を表示」状態にしています。

タグ: |  | 


広告

 

更新履歴


  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 人気の記事

    広告