【InDesign】選択文字列の長体平体をリセットするスクリプト→ショートカット | Blue-Scre{7}n․net | よそいちのDTPメモ

Blue-Screeeeeeen.net-よそいちのDTPメモ-

トップページ » InDesign » 【InDesign】選択文字列の長体平体をリセットするスクリプト→ショートカット

【InDesign】選択文字列の長体平体をリセットするスクリプト→ショートカット

公開日:2013年12月14日 最終更新日:2014年1月23日

長体平体率を簡単にリセットするには、Illustratorにはキーボードショートカット[command+shift+X]が割り当てられています。

対してInDesignには、カーニングをリセットするショートカット[command+option+Q]はあるものの、長体平体率をリセットするものはみつかりません。

InDesignはスクリプトならショートカットを割り当てることができるので、スクリプトを作りました。(偶然に近い出来でした)

選択した文字列に対しての処理です。(テキストフレームを選択した状態では何もおこりません。)

このスクリプトにショートカットキーを当てるとしたら、Illustratorと同じく[command+shift+X](ただし[文字組みアキ量設定]とかぶるので、どちらを優先するかは適宜)がオススメです。

スクリプト本文

//選択した文字を水平比率/垂直比率共に100%にする
//2013.12.12 今関洋一
var normalPer=100//水平比率、垂直比率を正体にする数値
var selChr=app.activeDocument.selection[0];//一つ目の選択範囲に対して以下の処理をおこなう
selChr.horizontalScale=normalPer;//水平比率を100%に
selChr.verticalScale=normalPer;//垂直比率を100%に

ダウンロード

スクリプトのダウンロード(boxにアクセスします。中身はjsxファイル)

強化型(2013.12.14追記)

文字ツメ、トラッキング、ベースラインシフトをリセットする機能をスクリプトに追加しました。(太字は変更・追加箇所)

//選択した文字の一部設定をリセットする
//2013.12.12 できた
//2013.12.14 「文字ツメ、トラッキング、ベースラインシフトをリセットする」を追加
var normalPer=100//水平比率、垂直比率を正体にする数値
var zeroReset=0//文字詰め、トラッキング、ベースラインシフトをリセットする数値
var selChr=app.activeDocument.selection[0];//一つ目の選択範囲に対して以下の処理をおこなう
selChr.horizontalScale=normalPer;//水平比率を100%に
selChr.verticalScale=normalPer;//垂直比率を100%に
selChr.tsume=zeroReset;//文字ツメを0%に
selChr.tracking=zeroReset;//トラッキングを0に
selChr.baselineShift=zeroReset;//ベースラインシフトを0に

ダウンロード

スクリプト(強化型)のダウンロード(boxにアクセスします。中身はjsxファイル)

使い方(動画)

タグ: |  |  |  | 


広告

関連している他の記事

更新履歴


  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 人気の記事

    広告