【InDesign】ライブコーナー、コンテンツグラバー、スタイル、スウォッチのライブラリ自動登録をまとめてオフ | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » InDesign » 【InDesign】ライブコーナー、コンテンツグラバー、スタイル、スウォッチのライブラリ自動登録をまとめてオフ

【InDesign】ライブコーナー、コンテンツグラバー、スタイル、スウォッチのライブラリ自動登録をまとめてオフ

公開日:2017年11月21日 

オフにする対象は

・ライブコーナー(Illustratorほど角丸にほいほいできなくてもよい)

コンテンツグラバー(グラフィックフレームつかむときに中身を動かしてしまいがち)

CCライブラリへの自動登録各種(ライブラリが無駄に埋まる)

の3種類です。

var genPref=app.generalPreferences;
with(genPref){
    showContentGrabber=false;
    showLiveCorners=false;
    //以降はCC2014以降
    autoAddCharStyleToCCLibraries=false;
    autoAddParaStyleToCCLibraries=false;
    autoAddSwatchToCCLibraries=false;
  }


 Windows版InDesignのHWNDBased以下略(※)への対策(解除するには環境設定リセットしかなく、ライブコーナーなどの表示設定をHWNDBased以下略解除後に再設定しなければならないため)として。

 あとは、CCライブラリにスタイル等が自動登録されてしまうのを防ぐために使います。

※HWNDBasedPanelView…InDesign CS4から現れたパネルや環境設定にまつわる不具合。作業自体に影響はないが、除去すると今まで表示されていなかったパネルが全部ひとまとめになるWindows版特有の現象。

タグ:


広告

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物