【InDesign】フレームグリッドとテキストフレームの「フレーム内マージン」 | Blue-Screeeeeeen.net―youichi7imazekiのDTPメモ―

トップページ » InDesign » 【InDesign】フレームグリッドとテキストフレームの「フレーム内マージン」

【InDesign】フレームグリッドとテキストフレームの「フレーム内マージン」

公開日:2014年8月27日 最終更新日:2017年7月17日

[テキストフレーム設定]の[フレーム内マージン]は、設定するのがフレームグリッドかテキストフレームかで挙動が異なります。

フレームグリッドとテキストフレーム

フレームグリッドの場合

[フレームグリッド設定]ではフレーム内マージンを設定できないので、[テキストフレーム設定]を使います。

フレームグリッドの[テキストフレーム設定]

[テキストフレーム設定]ダイアログを表示し、[フレーム内マージン]に任意の数値を入力します。(作例では3mm)

[テキストフレーム設定]

[フレーム内マージン]に入力したぶん、フレームサイズに追加されます。

フレームグリッドにフレーム内マージンを設定すると

テキストフレームの場合

テキストフレームを[option]キーを押しながらダブルクリックし、[テキストフレーム設定]ダイアログを表示します。それから、[フレーム内マージン]に任意の数値を入力します。(作例では3mm)

テキストフレームの[テキストフレーム設定]

テキストフレームの場合は、現在のフレームの中にマージンが作られます。テキストフレームの場合には、後からフレーム内マージンを設定するとテキストがあふれてしまうため、フレームのサイズを変える必要があります。(ただしCS6以降の[自動サイズ調整]を使っている場合は変える必要はありません)

テキストフレームにフレーム内マージンを設定すると

まとめ

フレーム内マージンは、フレームグリッドでは外に加わり、テキストフレームでは内に入り込むように付加されます。例えば、字詰めは一定だけれど、マージンは後から変更される事が想定されるアイテム、例えば書籍扉のリード文などは、フレームグリッド+フレーム内マージンで作ると、フレームサイズのコントロールはしやすいのではないでしょうか。

Before-After:フレームグリッド

Before-After:フレームグリッド

Before-After:テキストフレーム

Before-After:テキストフレーム

タグ: |  |  | 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別の記事

  • おことわり

     Adobe、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国および他の国における商標または登録商標です。本サイトでは、RおよびTMを省略しております。