【InDesign】開いているinddファイルの印刷可能領域を設定し、上書き保存して閉じるスクリプト | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » InDesign » 【InDesign】開いているinddファイルの印刷可能領域を設定し、上書き保存して閉じるスクリプト

【InDesign】開いているinddファイルの印刷可能領域を設定し、上書き保存して閉じるスクリプト

公開日:2013年5月15日 最終更新日:2018年11月3日

 開いているinddファイルに印刷可能領域を設定し、ファイルを上書き保存→閉じるという動作をするスクリプトです。

 今まで版外情報を置くスペースを作っていなかったファイルに対して使いました。ちょっと多かったので…

 地味ですが、どなたかのお役に立てば。


スクリプト本文

ダウンロード(Id_slugOffsets.jsx)

//印刷可能領域を開いているドキュメント全てに設定
#target indesign
#targetengine "slug"
//UI設定
var win=new Window("palette","まとめて印刷可能領域設定");
//段間の幅
    var slugField=win.add("panel",undefined,"印刷可能領域");
    slugField.alignment="left";
      var slugFieldlabel=slugField.add ("statictext",undefined,"幅は?");
      var slugFieldanot=win.add("statictext",undefined,"※単位は個々のドキュメント設定に依存します");
          slugFieldanot.alignment="left"
          slugFieldanot.graphics.font = ScriptUI.newFont ("", "", 12);
      var slugFieldForm=slugField.add ("edittext",undefined,"13");
          slugFieldForm.characters=4;
          slugFieldForm.active=true;

//四辺全部に数値を設定
  var allSlugCheck=win.add ("checkbox", undefined, "四辺全部に数値を設定");
  allSlugCheck.alignment="left"
//実行ボタン
    var buttons=win.add("group");
      buttons.align="left";
        var OK=buttons.add ("button", undefined, "上記設定で実行");
        var cancel=buttons.add ("button", undefined, "キャンセル");
        
win.center();
win.show();

OK.onClick=function(){
    while(app.documents.length>0)
    {
    var doc=app.documents[0];
    var docPref=doc.documentPreferences;
    var result=[
      parseInt(slugFieldForm.text),//印刷可能領域の幅
      allSlugCheck.value//四辺まとめて設定するか
      ];
      if(result[1]==true){
        docPref.documentSlugUniformSize =true;
        docPref.slugTopOffset=result[0];
        docPref.slugBottomOffset=result[0];
        docPref.slugInsideOrLeftOffset=result[0];
        docPref.slugRightOrOutsideOffset=result[0];
        doc.close(SaveOptions.yes);  
      }else{
        docPref.documentSlugUniformSize =false;
        docPref.slugTopOffset=result[0];
        //上以外は現在の設定値を維持
        docPref.slugBottomOffset=docPref.slugBottomOffset;
        docPref.slugInsideOrLeftOffset=docPref.slugInsideOrLeftOffset;
        docPref.slugRightOrOutsideOffset=docPref.slugRightOrOutsideOffset;
        doc.close(SaveOptions.yes);
        }
    }
  };

cancel.onClick=function(){
      win.close();
      };


操作手順

1.InDesignでドキュメントを開いて(複数可)、スクリプトを実行

2.「まとめて印刷可能領域設定」ダイアログが表示されます。「幅は?」の入力フィールドに値を入れ、「上記設定で実行」をクリック。

「まとめて印刷可能領域設定」ダイアログ


3.開いているInDesignドキュメントの印刷可能領域が「2.」で設定した値になり、ファイルは保存して閉じられます。作例では四辺に「13mm」の印刷可能領域を設けています。

設定後。例として四辺を13mmに

タグ: |  | 


広告

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物