【Acrobat】jpeg/png/tiffファイルで、複数ページのPDFを作る | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » Acrobat » 【Acrobat】jpeg/png/tiffファイルで、複数ページのPDFを作る

【Acrobat】jpeg/png/tiffファイルで、複数ページのPDFを作る

公開日:2013年10月5日 最終更新日:2017年7月17日

 複数の画像ファイルをAcrobatにドラッグ&ドロップすると、複数ページのPDFが作成できます。

Acrobat Pro 9 の場合

 まず、PDFにしたい画像を複数選択し、Acrobatにドラッグ&ドロップします。

Acrobatにドラッグ&ドロップ

 「Acrobatは開いているすべての画像ファイルから単一の文書を〜」とアラートが表示されます。[はい]をクリックします。

アラートが表示されます

「名称未設定」で、先ほどドラッグした画像で複数ページのPDFが作成されます。任意のファイル名で保存します。

PDFになる

保存する

Acrobat Pro X の場合

Acrobat Xの場合は、ドラッグ&ドロップでPDFにすると、個々の画像でPDFが作成されます。(どういうわけかアラートも出ず、複数ページのPDFになってくれません…)

複数ページのPDFを作るには[ファイル]メニュー→[作成]→[ファイルを単一のPDFに結合]を選択します。

[ファイル]メニュー

[ファイルを結合]ダイアログが表示されます。ここに、PDFにしたい画像ファイルをドラッグ&ドロップします。

[ファイルを結合]ダイアログ

 必要なファイルをドラッグ&ドロップしたら、[単一のPDF]にチェックを入れ、[ファイルサイズ]を選択し、[ファイルの結合]をクリックします。

[単一のPDF]にチェック

 ファイルの結合がはじまります。終了したら、「バインダー1.pdf」という名称で結合PDFが作成されます。

ファイルの結合

バインダー1

主な画像ファイルの対応

対応表

 「Acrobat Xの場合」でとりあげた方法を使えば、.aiファイルも複数ページのPDFに結合できます。

タグ: |  | 


広告

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物