【InDesign】「PDFバックグラウンド書き出し」のオン・オフおよび書き出し中の確認方法 | Blue-Scre{7}n․net | よそいちのDTPメモ

Blue-Screeeeeeen.net-よそいちのDTPメモ-

トップページ » InDesign » 【InDesign】「PDFバックグラウンド書き出し」のオン・オフおよび書き出し中の確認方法

【InDesign】「PDFバックグラウンド書き出し」のオン・オフおよび書き出し中の確認方法

公開日:2012年6月21日 最終更新日:2021年2月23日

「PDFバックグラウンド書き出し」のオン・オフ

  1. Adobe InDesign バージョン番号.appを右クリック
  2. 右クリックメニューから[パッケージの内容を表示]を選択
  3. Contents→MacOSフォルダに、名前をDisableAsyncExports.txtとしたテキストファイルを置く(再起動不要)

 上記の手順でバックグラウンド書き出しをオフにできます。このテキストファイルを削除するか名前を変えるかすると、再びバックグラウンド書き出しが有効に。

※Windowsの場合はDisableAsyncExports.txtをアプリケーションの実行ファイル(.exe)と同じところに置けばバックグラウンド書き出しがオフにできます。

パッケージを表示
右クリックメニューから[パッケージの内容を表示]を選択
Mac OSに該当のテキストを置く
Contents→MacOSに該当のテキストを置く

 ブックから書き出すときにはバックグラウンド書き出しが強制的にオフになりますが、書き出したいファイル数が少ないときにこの方法を使うのは面倒なので、DisableAsyncExports.txtを使った方法がスムーズでしょう。

進行状況の確認

アプリケーションフレームの表示

アプリケーションフレームの右端に書き出し中のアニメーションが表示されます。ここをクリックすると[バックグラウンドタスク]パネルが出てきます。

書き出し中のアニメーション
バックグラウンド書き出し中のアニメーション

[バックグラウンドタスク]パネル

 [バックグラウンドタスク]パネルを表示しておくと、より詳細に進行状況を確認可能。

バックグラウンドタスク
[バックグラウンドタスク]パネル

 PDF書き出しダイアログで「書き出した後PDFを表示」にチェックを入れておくと、より書き出しが終わったことがわかりやすくなりますが、反面バックグラウンド書き出しの「書き出し中であろうと書き出し後であろうと作業が続行可能」という利点が失われてしまいます。

PDF書き出しオプションで「書き出した後PDFを表示」にチェック
PDF書き出しオプションで「書き出した後PDFを表示」にチェック

 バックグラウンド書き出しには一長一短あるので、オンでもオフでも使いやすい方で良いでしょう。ただオンの場合は、[バックグラウンドタスク]パネルを表示しておくほうが作業しやすい気がします。

タグ: |  |  |  | 


広告

関連している他の記事

更新履歴


  • 月別の記事

  • カテゴリー一覧

  • 人気の記事

    広告