【Illustrator】テキストに「形状に変換」で塗りを敷いてからそれに対し飾り罫を引く | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » Illustrator » 【Illustrator】テキストに「形状に変換」で塗りを敷いてからそれに対し飾り罫を引く

【Illustrator】テキストに「形状に変換」で塗りを敷いてからそれに対し飾り罫を引く

公開日:2018年9月13日 

 久しぶりのアピアランスネタを。下記の状態からスタートします。

スタート


1.テキストに[アピアランス]パネルから[塗り]を追加。作例では黒にしています。

[塗り]を追加


2.「1.」で作成した塗りに[パス]→[パスのアウトライン]、[形状に変換]→[長方形]を下記の設定で追加。

[パス]→[パスのアウトライン]、[形状に変換]→[長方形]を追加


3.[アピアランス]パネルで、[パスのアウトライン]を[長方形]の上に移動。

[パスのアウトライン]を[長方形]の上に移動


4.テキストに[アピアランス]パネルから[線]を追加。この線に対し[ブラシ]パネルから任意のブラシを適用。作例では[ゴールドチェーン]を選択。

[線]を追加し、ブラシを適用


5.文字の形状に沿ってブラシが引かれているので、これを「2.」でやったように[パス]→[パスのアウトライン]、[形状に変換]→[長方形]で長方形に下記の設定で変換します。

 こちらも「3.」同様に[パスのアウトライン]を[長方形]の上に移動します。これにて完成。

[線]に対し[パス]→[パスのアウトライン]、[形状に変換]→[長方形]を追加、順番を入れ替え完成

タグ:


広告

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物