【InDesign】ベースライングリッド/カスタムベースライングリッドを設定 | Blue-Screeeeeeen․net | よそいちのDTPメモ

トップページ » InDesign » 【InDesign】ベースライングリッド/カスタムベースライングリッドを設定

【InDesign】ベースライングリッド/カスタムベースライングリッドを設定

公開日:2012年10月7日 最終更新日:2013年3月28日

 普段レイアウトグリッドでの制作が多いので、使わないと忘れてしまう!(レイアウトグリッドと同じくらい重要な機能ですから) ということで、メモします。

①表示/非表示

メニューバーの「表示→グリッドとガイド→ベースライングリッドを表示/隠す」で切り替えます。ショートカットキーは、「Command+Optionl+テンキーでない方の7(WinはCtrl+Alt+テンキーでない方の7)」。

②組み方向

「レイアウトグリッド設定」または「マージン・段組」の「組み方向」のプルダウンメニューで設定します。「組み方向」の値は、レイアウトグリッド/マージン・段組で連動しているので、どちらかのメニューから設定を変えれば、ベースライングリッドの方向も変わります。

③基準点

「環境設定→グリッド→ベースライングリッド」のダイアログから、設定します。 基準点は、「相対→ページの先頭(横組みではページの天、縦組みではページの右)または天マージン(縦組みでは右)」から選択します。

「開始」で、基準点からどれくらいの距離に1本目のグリッドを引くか設定します。たとえば「0Q」を入力すれば、「相対」で選択した基準点がグリッドのスタート位置になります。

「グリッドの間隔」は、字の通り、グリッド同士の間隔です。「段落→グリッド揃え→欧文ベースライン」を設定している場合と、「段落→グリッド揃え→仮想ボディの下」を設定している場合とでは、揃う位置が異なります。あくまでも「行送り」ではありません。

④カスタムベースライン

 テキストフレームを選択→右クリック→「テキストフレーム設定→ベースラインオプション」から設定を変更します。この設定はテキストフレーム単位での値になるので、ドキュメントのベースライングリッド設定値とは別に運用できます。

タグ: |  | 


広告

  • 最近の投稿

  • 月別の記事

  • 今月の1枚

  • 人気の記事

    お買い物