Blue-Screeeeeeen.net―youichi7imazekiのDTPメモ― - Part 7

更新履歴


【Illustrator】epsファイルなど、仕上がりや裁ち落とし情報がないファイルのアートボードサイズ

公開日:2016年2月27日 

 Illustratorで仕上がりサイズや裁ち落としを指定しているepsファイルはその限りではないのですが、Photoshop epsや、出身がIllustratorではないepsは、Illustratorで直近に作成した[新規ドキュメント]の数値でアートボードが作成されます。

この記事の続きを読む

【InDesign】プレゼンテーションモードで分版プレビューをやりやすくする

公開日:2016年1月28日 

 InDesignで分版プレビューするよりは、Acrobatで詳細にデータの印刷適性を調べたほうがいいのですが、色数やインキ量はInDesignでもざっくり調べることができます(より詳細に調べる場合はプリフライトで)。

 ここで気をつけたいのは、調べたい版を[分版]パネルで非表示にしていても、「オブジェクトは選択できてしまう」ことです。あまりないことですが、うっかりオブジェクトを削除する、しかも非表示にしているために、削除したことをスルーしてしまうかもしれません。これは1色あるいは2色印刷の時には要注意です。

[分版]パネルでチェックしている版を非表示にしても、オブジェクトは選択できる

この記事の続きを読む

【サークル活動】コミケサークル参加3回目でなんとなく感じたこと

公開日:2016年1月19日 最終更新日:2017年7月17日

 抽選に通った場合は、毎年冬、コミケにサークル参加しています。2015年末のものも含め、計3回になります。

作った本のテイストが、過去2回と今回では大きく異なるので、その振り返りも含めて、3回めで感じたことを書いていきます。特に、紙媒体とPDFの出具合の差が印象的でした。

1.コミックマーケット83/2.コミックマーケット87/3.コミックマーケット89/まとめ/ツール


1.コミックマーケット83

もえいら1


 この回では、「萌える!(自分で言うなよ…) Illustrator 女神のチュートリアル」を頒布しました。A5、本文一部カラー、36P、頒布価格は300円でした。

 頒布部数32部のうち、20部が出て、通販や取り置きを含めると在庫は4部でした。このときは、PDFを別売りではなく、紙版にダウンロードURLを記載する附録形式でした。

  

 ここで懸念があったのは、立ち読み用に用意したものに記載されているダウンロードURLです。「フルにURLを記載すると、入力する手間が増える」「短縮URLだと、立ち読み用を見て記憶されてしまったらマズい」という、利便性をとるかセキュリティをとるかという選択でした。

 結局、「立ち読み用のURLは塗りつぶしておく」ということにしましたが、万全の状態の書籍をわざわざ減らしてしまうという点で、あまり上策ではなかったと思います。


この記事の続きを読む

【Mac】カット&ペースト

公開日:2016年1月10日 

 XtraFinderをやめてしまったからというもの、不便だったことがあります。

 それは、「カットアンドペースト」ができなくなることでした。

 

 このエントリでいう操作はカットアンドペーストとはちょっと違いますが、結果は同じです。

この記事の続きを読む

タグ:

【Illustrator/Affinity Designer】#ベジェ曲線AC2015 ~3本勝負! 線画はどっちが書きやすい!?~ ③線のはみ出し、交差への対応、そして勝敗

公開日:2015年12月25日 最終更新日:2017年7月17日

 線画を作っていると、よくこういう状態に出くわすと思います。

線が交差している
線が交差している


 これまで、「筆圧」「キャンバスの回転」と見てきました。3本目は「線のはみ出し、交差への対処のしやすさ」で比較します。ここまで筆圧はIllustrator、回転ビューはAffinity Designerと、それぞれ1本ずつ勝ち星を獲得しています。さて勝者の栄冠はどちらに!

この記事の続きを読む

【Illustrator/Affinity Designer】#ベジェ曲線AC2015 ~3本勝負! 線画はどっちが書きやすい!?~ ②回転ビュー編

公開日:2015年12月21日 最終更新日:2017年7月17日

 【Illustrator/Affinity Designer】#ベジェ曲線AC2015 ~3本勝負! 線画はどっちが書きやすい!?~ ①筆圧編の続きです。

 

2回戦:キャンバスの回転

 線画を作るときには、紙の向きを変えないと描きづらい箇所が出てきます。そんなときに頼りになるのが「キャンバスの回転」です。PhotoshopやCLIP STUDIO PAINTなどには搭載されていますが、IllustratorやAffinity Designerはどうでしょうか。

この記事の続きを読む

タグ:

【Illustrator/Affinity Designer】#ベジェ曲線AC2015 ~3本勝負! 線画はどっちが書きやすい!?~ ①筆圧編

公開日:2015年12月20日 

ベジェ曲線AC2015

 「ベクター」で線を引けるソフトはいくつかあります。塗りはPhotoshopでやるとしても、「Illustrator」「Affinity Designer」のうち、どちらでやるのが線をひきやすいか「筆圧コントロール」「キャンバスの回転」「線のはみ出し、交差対策」の観点から見ていきます。IllustratorのバージョンはCC2014.1、Affinity Designerのバージョンは1.41です。

この記事の続きを読む

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 月別の記事

  • おことわり

     Adobe、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国および他の国における商標または登録商標です。本サイトでは、RおよびTMを省略しております。